ドイツ音楽療法センター

精神分析と即興音楽が融合する治療的な音楽療法

 ドイツ音楽療法センターは心のケアを行う精神分析的・心理療法的音楽療法のための専門機関です。即興音楽と心理療法を組み合わせた非薬物療法としてドイツでは保険が適用され多くの医療や福祉の場で実践されています。

 

この音楽療法は集団で歌うレクリエーション型のメソッドとは異なり、”精神力動”と呼ばれる深層心理学的理論をもとに目に見えない心のあり方と、音楽の直接的な表出を心理療法として活用するものです。ドイツではスタンダートな音楽療法であり、これを体系的に学び体験できるのは日本においてこのセンターだけです。

 


<新着情報>

1.  「臨床音楽セラピスト科(仮称)」第1期生 2019年4月スタート

ドイツ・ハンブルグ音楽大学の協力により、精神療法的音楽療法を中心的に専門トレーニングを通して実践力のある音楽療法士を育成します。将来的にドイツ音楽療法士資格取得が可能となる120単位を3年6か月かけて学ぶ社会人コースです。

授業日は毎週金曜(週末集中講座あり)入学試験2019年1月12日(土) 募集要項は9月頃配布 詳しくはこちら

2.  「分析的セラピスト養成講座」初級(満席)&上級(満席) 中級(残席わずか)

精神分析的アプローチを使う音楽療法士を育成する月1回開講の講座です。中級は2コース(日曜または月曜)が開催です。詳しくはこちら

3.   クローズド&オープンのグループ音楽療法  9月スタート

  心理療法的音楽療法ってどんなことをするのでしょうか。実際に体験してみましょう。はじめての人でも参加できます。

  クローズド音楽療法(5回シリーズ)とオープン音楽療法(1回のみ)の日程・詳細はこちら

4.ドイツ実習報告会&懇親会 9月2日(日)14:30-16:30  <受付中>

  出発までの準備、実習の様子、現地生活や注意点など、実習希望者は必見です。  

  さらにこの夏に行われたウイーン音楽療法講習会について追加報告します。    講師:真鍋かおり、内田博美

  定員:10名  参加費(おやつ込み): 4,000円(税込) 場所: ドイツ音楽療法センター吉祥寺会場(吉祥寺駅徒歩約10分)