ドイツ音楽療法センター

精神分析と即興音楽が融合する治療的な音楽療法

ドイツ音楽療法センターは心のケアを行う音楽療法のための専門機関です。即興演奏と心理療法を組み合わせる芸術療法であり、ドイツやオーストリアでは非薬物療法として広く実践されています。

 

この音楽療法では、心やからだの”声”を聴くために好きな楽器を自由に弾きます。集団で歌うレクリエーション型ではありません。ドイツ語圏では健康保険適用のスタンダートな方法で、特に精神的サポートの必要な人に対して行われます。

 

このような音楽療法士は、臨床心理学の理論と技法を学び、臨床即興音楽の専門訓練を受けます。そのために当センターではドイツの専門機関と連携しながら最新のトレーニングプログラムを提供しています。


【セミナー開催状況 更新日07/24】

 

セミナーまたはセッションにご参加の際はマスク着用をお願いいたします。感染予防対策を行っています。アルコール消毒等にご協力下さい。体調が優れない場合や周囲に感染の疑いがある場合にはご参加をお控え下さい。

 

*緊急事態宣言により、すべての授業は再びリモート開催なる予定です。このHPをご確認下さい。

*7/25(日)中級コースはリモート授業になりました。


<特別研修のお知らせ>

1.   合宿研修「気づきのワーク・出会いの哲学と現象学」

   2021年 9/11-12 (土・日)東京・新宿で開催

   日本ゲシュタルト療法学会元会長・百武正嗣先生の特別ワークショップです。<満席> 

   

2.     2021年3月「南ドイツ 音楽療法海外研修 」

    少人数グループによる音楽療法研修を行います。南ドイツ各地の病院を訪問します。

    満席のため一次受付は終了しました。*海外往来が困難なため来年に延期の予定


<超初心者向け>

1.     ドイツの音楽療法「入門セミナー」

   はじめての人も、音楽療法を勉強した人も、楽器を習得していない人も参加できます。

   心理療法的音楽療法について知りたい人にやさしく解説します。

2.   分析的音楽療法講座「初級」今秋スタート <受付中>

        セラピストを目指す人は「臨床音楽セラピスト養成科」にご入学下さい。

    音楽療法がまったくはじめての人も参加できます。 残席3名です。

3.      ドイツの音楽療法について知ろう「ビギナークラス」

    (準備中)


<音楽セラピストになりたい人へ>

1.  「臨床音楽セラピスト養成科」第4期生

    ハンブルグ音大提携プログラムです。2022年度の募集要項は9月に配布します。

    修了を目指す”本科”と、1年間だけ学ぶ”1年コース”があります。


<在校生と修了生をサポートする>

1.    ワーキンググループ「脳機能障害および発達障害と音楽療法」

                   次回定例会のご案内:2021年8月25日(水)21:00-22:00     

       次回テーマ:各自の症例について

2.    「精神医療と音楽療法をつなぐワーキンググループ」

                   精神科、心療内科、高齢期を含む心理的問題をテーマにしたWGです。

    次回定例会のご案内:2021年8月28日(土)20:00-21:00 

3.      特別講座「重度PTSD患者の音楽療法」&「特別セッション」

                 ドイツ在住日本人音楽療法士鎌田菜美さんによる特別講座

     「特別講座の即興ワークショップ」と「特別セッション」は2021年冬以降に延期

4.      Nami Kamata の「音楽心理療法スタートアップ実践講座」

    Aグループ  :  07/25(日)21:00 <満席>

    Bグループ  : 08/01 (日)21:00     <満席>

                    月1回定期開催中。  参加条件:初級コース以上の方、将来セラピストとして働きたい方

    


<修了生のための専門コース>

1.      トラウマ音楽セラピー講座

2.      EBQ講座

3.      MiMe音楽イメージメソッド講座


4.      グループスーパービジョン