ドイツ音楽療法センター

精神分析と即興音楽が融合する治療的な音楽療法

 ドイツ音楽療法センターは心のケアを行う精神分析的・心理療法的・精神力動的な音楽療法のための専門機関です。即興音楽と心理療法を組み合わせた非薬物療法としてドイツでは健康保険が適用されて医療や福祉の場で実践されています。

 

この音楽療法では名曲を聞いたりはしません。自由に好きな楽器を弾きます。楽譜のない即興演奏です。集団で歌うレクリエーション型のメソッドではありません。この音楽療法はドイツ語圏では”現代的音楽療法”とも呼ばれるスタンダートな音楽療法であり、このアプローチを体系的に学ぶことができるのは日本において当センターだけです。

 


<新着情報>

1.  「臨床音楽セラピスト養成科」社会人コース第1期生 2019年4月スタート

ドイツ・ハンブルグ音楽大学との提携により、心理療法的音楽療法を中心的にプロフェッショナルなトレーニングを通して高い専門性を持つ音楽療法士を育成します。ドイツの音楽療法士と同等レベルの技能習得と研究力を養うための120単位取得を目指します。授業日毎週金曜(集中講座あり)入学試験2019年1月12日(土) 募集要項は9月配布 詳しくはこちら

2.  音楽心理療法のための文献ページが公開中です

精神療法として分析的なアプローチを使う音楽療法士には理論が大切です。ドイツで主要な図書に指定されていた専門書の一部がを公開中です。ダウンロードコーナーもあります。文献ページはこちらから。

3.  海外講師による特別講座&ワークショップ開催 10月14日(日)17:15-19:00

  ドイツ在住日本人音楽療法士(ミュンスター・アレクシアナ精神病院)によるセミナーが吉祥寺にて開催されます。

         テーマ「自然の中での音楽療法~自分と向き合う空間をつくる」 参加者限定10名(先着順) 申し込みはこちら

4.   音楽療法を受けてみる

  心理療法的音楽療法ってどんなことをするのでしょうか。はじめての人でも参加できます。

  ①クローズドグループ(東京グループは満席です) ②オープングループ(9月は満席です)の日程・詳細はこちら

5. 【予告】2019年春募集 ドイツの教授陣による「ハンブルグ合宿研修(通訳付)」

  2020年3月ハンブルグ音大音楽療法科の教授陣による授業やワークショップを受講する合宿研修(約5日間)を行います。

  一般からの参加も可能です。自然豊かで芸術的なセミナーハウス(シングル・ツインルーム)に宿泊(食事付)

  ドイツの病院や施設をめぐり音楽療法の現場も見学します。定員約25名。参加募集開始は2019年4月予定。