ドイツの音楽療法とは?

 

ドイツのスタンダードな音楽療法は心の葛藤、不安、適応障害などさまざまな心の問題と向き合う心理療法的アプローチを用いており、主に精神分析や対象関係論などの臨床心理学と音楽を融合させたメソッドです。

 

この音楽療法は1970年代にヨーロッパで発展し、それ以降ドイツ語圏では健康保険適用対象の非薬物治療法として、多くの医療施設や施設などでトレーニングを受けた音楽療法士が専門職として日々仕事に取り組んでいます。(ドイツには日本人音楽療法士たちも活躍しています)

 

この音楽療法の対象者は生まれる前の乳幼児から人生の最後を迎える年配者まで幅広い範囲で応用されています。自分を打ち明けるのが苦手な人、うつ病、適応障害、自殺未遂、介護問題など心のケアが必要とされる現代日本社会でも有意義なメソッドと考えられます。


ドイツ音楽療法センターとは?

 ドイツ音楽療法センター(GMTC)は2010年に東京で発足しました。ドイツでしか学ぶことができない形態学的音楽療法深層心理的音楽療法の啓蒙と普及のためにさまざまな取り組みを始めました。

 

現在の主な活動は「音楽療法の実践」「音楽療法士の育成」です。将来的には研究分野でも発展が望まれます。

 

近年は心のケアに携わることのできる人材育成が強く求められており、言葉を超えた心理療法であるこのメソッドを広く一般の人が学べるように「月1回のセラピスト養成3年コース」を開催し日本各地から受講生が参加しています。この参加者は音楽療法に関心を持つ社会人、音楽療法士資格取得者、主婦や第二の人生に意義を求める人など様々です。

 

2019年4月からは、ハンブルグ国立音楽大学と共に作られたカリキュラムによる「臨床音楽セラピスト養成科」がスタートします。これはドイツ語圏のディプロム音楽療法士と同じレベルの技能を持つ人材を日本で輩出することを目的としたプロジェクトであり、講師や学生派遣、ドイツ研修など両国の密接な連携の中で実施される専門コースです。

 


当センターは「内閣府地域社会雇用創造事業交付金事業」です

ドイツ音楽療法センターは内閣府地域社会雇用創造事業として「第1回みたかソーシャル&コミュニティビジネスプラン・コンペティション2011」において優秀賞を受賞。この年より主に人材育成の事業が本格的に開始されました。


ドイツの大学および音楽療法団体との協力関係

 

当センターは、ドイツのミュンスター大学音楽療法科、ハンブルグ国立音楽演劇大学音楽療法科、ADÖ (Asiatisch-deutsch-österreichische Arbeitsgruppe für Musiktherapieホームページはこちら) およびドイツで活動する日本人音楽療法士の協力により、現場視察や実習生受け入れなどの人材交流や情報交換などを行い、心理療法的音楽療法におけるドイツと日本の架け橋的存在となっています。

 

・当センターから毎年受講生数名が渡独

・ドイツ音楽療法研修旅行の実施

・ドイツから来日する音楽療法士による特別講座やワークショップを定期的に開催


センター代表

内田博美(ドイツ認定Diplom音楽療法士)

国立音楽大学ピアノ科卒業、横浜国立大学大学院教育学研究科修了。2000年に渡独。 ミュンスター国立大学ディプロム音楽療法科卒業、ドイツ認定ディプロム音楽療法士資格取得。その後、同大学院博士課程に在籍中に臨床研究を行うと同時に精神科・障害者施設・保育施設での実践を経て、2010年から東京を中心に高齢者施設、障がい者施設、各種音楽教室、カルチャーセンターなど講師およびセラピストとして活動し深層心理的音楽療法の指導と普及にあたる。
日本芸術音楽療法学会、日本音楽療法学会、ドイツ音楽療法協会会員

著作『音楽療法の本~もう一人の自分と出会う』(2011年アルク出版企画)

その他学術論文、コラムなど多数執筆

 

E-Mail: uchida@gmtc-jp.com

 *受信に不具合が生じる場合があります。返信がない場合、お手数ですが再送をお願い申し上げます。


ドイツ在住日本人音楽療法士のリンク

                                       ・ Yuka Kikat       音楽療法室こころ

                                                                                                                                                                                         ・ Nami Kamata 鎌田菜美Facebook

 


ミュンスター大学 テュプカ教授からの言葉:

写真:ミュンスター大学HPより
写真:ミュンスター大学HPより

内田博美さんはドイツで長い期間勉強を続け経験しました。ミュンスター大学ディプロム音楽療法科に在籍中、ドイツの音楽療法を深く理解していきました。この音楽療法の心理療法的な指向性について彼女は自身の体験から習得し、私が指導していた音楽療法研究グループのメンバーたちとの多くのディスカッションの中でも学んでいきました。

 

この音楽療法では―ミュンスター大学でも同じような内容を教えていますがー、患者とセラピストが一緒に自由即興を演奏することによって、フロイトが私たちに伝えている精神分析と同様の深層心理的理解を得ることができます。ミュンスター大学ではさらに、ドイツの偉大な詩人ゲーテの思想と関係がある“形態学的心理学”による芸術表現の方法と思考も学びます。したがってこの音楽療法は精神科学の伝統の中に根を下ろしており、芸術と学問との連携の中で研究されていますが、この研究方法は日本では長らくほかの多くの分野が取り入れたものです。内田博美さんは私たちに何度もこの日本の精神文化との関係性を明確にしてくれました。同時に彼女は多くのディスカッションの中で、ドイツで発展した音楽療法の基礎作りと変容が日本にも必要であること、それが日本の人々にとっても実りあるものになることを主張していました。

 

どちらの文化にとっても、現代のポスト産業社会の中での危機感と葛藤は、この時代に生きる私たち特有のつらさや焦りとなっています。言葉を超える心理療法であるこの音楽療法は、この焦りから解放されたい人達を支えるでしょう。

この本が私たち両国の文化を結びつけ、ドイツで発展した音楽療法が日本においても生きづらい人たちの助けになることは、私にとっての大きな喜びです。

 

2011年12月 ローゼマリー・テュプカ教授 (ミュンスター国立大学ディプロム音楽療法科主任教授 2017年退官)

*「音楽療法の本~もう一人の自分と出会う」の出版に寄せられた文章

 

<原文>

Vorwort

Hiromi Uchida hat lange Jahre in Deutschland studiert und gelebt. Während ihrer Studienzeit im Diplomstudiengang Musiktherapie an der Universität Münster und in den vielen Jahren danach hat sie einen tiefen Einblick in die deutsche Musiktherapie gewinnen können. Die psychotherapeutische Ausrichtung dieser Musiktherapie konnte sie durch die eigenen Erfahrungen ebenso gründlich kennen lernen wie durch die zahlreichen Diskussionen in den Kolloquien der von mir geleiteten musiktherapeutischen Forschungsgruppe.

Die Form der Musiktherapie, wie sie an der Universität Münster gelehrt wird, verbindet die freie Improvisation, das musikalische Zusammenspiel von Patient und Therapeut, mit den Möglichkeiten des tiefenpsychologischen Verstehens, wie es uns die Psychoanalyse seit Sigmund Freud gelehrt hat. Hinzu kommt in Münster das kunstanaloge Vorgehen und Denken einer Psychologie, die als „Morphologische Psychologie“ auf das Denken des deutschen Dichters Johann Wolfgang von Goethe zurückgeht. Diese Musiktherapie wurzelt damit in einer geisteswissenschaftlichen Tradition und einer Verbindung von Kunst und Wissenschaft, die in vielen anderen Bereichen schon lange von Japan aufgegriffen wurde. Immer wieder konnte Hiromi Uchida uns auf Verbindungen zur geistigen Tradition Japans aufmerksam machen. Zugleich wurde in diesen Diskussionen immer wieder deutlich, dass es einer besonderen Aneignung und Umwandlung bedarf, damit das, was in Deutschland entwickelt wurde, auch für Menschen in Japan fruchtbar werden kann.

Gemeinsam sind in beiden Kulturen sicherlich die besonderen Nöte und Konflikte der Menschen in einer modernen postindustriellen Gesellschaft mit ihren besonderen Leiden und Herausforderungen. Die Musiktherapie, die als Psychotherapie über das Wort hinausgeht, möchte die Menschen bei ihrer Antwort auf diese Herausforderungen unterstützen.

Es wäre mir eine Freude, wenn das vorliegende Buch seinen Beitrag zur Verbindung der Kulturen unserer beiden Länder leisten könnte und wenn die hier entwickelte Musiktherapie auch in Japan leidenden Menschen eine Unterstützung bieten könnte.

 

Rosemarie Tüpker, Münster im Dezember 2011