ドイツの音楽療法とは?

 

ドイツのスタンダードな音楽療法は心の葛藤、不安、適応障害などさまざまな心の問題と向き合う心理療法的アプローチを用いており、主に精神分析や対象関係論などの臨床心理学と音楽を融合させたメソッドです。

 

この音楽療法は1970年代にヨーロッパで発展し、それ以降ドイツでは保険適用となり多くの医療施設やパーソナルケアを行うところで取り入れられています。

 

自分を打ち明けるのが苦手な人、うつ病、自殺、介護問題など心のケアが必要とされる現代日本社会にも有意義なメソッドだと考えられています。


「ドイツ音楽療法センター」とは?

 

ドイツ音楽療法センター(GMTC)は2010年に東京で発足しました。ドイツでしか学ぶことができない形態学的音楽療法深層心理的音楽療法の啓蒙と普及のためにさまざまな取り組みを始めました。

 

現在の主な活動目的は「セラピーの実践」と「セラピストの育成」に重点が置かれています。

 

近年では特に、心のケアに携わることのできる人材育成が強く求められており、音楽を用いたこのメソッドを広く一般の人が習得できるよう「精神分析的音楽療法を行うことのできるセラピスト養成講座」のコース内容が充実し、日本各地から受講者が参加しています。

 

 


当センターは「内閣府地域社会雇用創造事業交付金事業」です

ドイツ音楽療法センターは内閣府地域社会雇用創造事業として「第1回みたかソーシャル&コミュニティビジネスプラン・コンペティション2011」において優秀賞を受賞。この年より主に人材育成の事業が本格的に開始されました。


ドイツの大学や音楽療法団体との協力関係

 

当センターは、ドイツのミュンスター大学音楽療法科、ハンブルグ音楽演劇大学音楽療法科、ADÖ (Asiatisch-deutsch-österreichische Arbeitsgruppe für Musiktherapie ホームページはこちら) およびドイツで活動する日本人音楽療法士の協力により、現場視察や実習生受け入れなどの人材交流や情報交換などを行い、心理療法的音楽療法におけるドイツと日本の架け橋的存在となっています。

 

当センターから毎年数名が留学や実地研修のために渡独。

ドイツから来日する音楽療法士による海外講師特別講座やワークショップは定期的に開催されています。

 


センター代表

内田博美(ドイツ認定Diplom音楽療法士)

国立音楽大学ピアノ科卒業、横浜国立大学大学院教育学研究科修了。2000年に渡独。 ミュンスター大学にてディプロム音楽療法 士の資格取得。その後、同後期博士課程に在籍。臨床研究を行うと同時に精神科・障害者施設・保育施設での実践を経て、現在は東京を中心にドイツ音楽療法セ ンターのほかに高齢者施設、各種音楽教室、カルチャーセンターなどで実践および深層心理的音楽療法の指導と普及にあたる。
日本芸術音楽療法学会、日本音楽療法学会、ドイツ音楽療法協会会員

著作『音楽療法の本~もう一人の自分と出会う』(2011年アルク出版企画)

その他学術論文、コラムなど多数執筆