ドイツの音楽療法とは?

 

ドイツには様々な音楽療法の学派があり、今でも発展を続けています。

<ドイツで実践されている代表的な音楽療法>

  ・精神分析的音楽療法

  ・形態学的音楽療法 

  ・統合的音楽療法 

  ・ノードフ・ロビンズの創造的音楽療法

  ・オルフ音楽療法

  ・人智学的音楽療法

  ・ライプニッツ学派の調整的音楽療法

  ・古代東洋音楽療法

  ・音楽医学

 

これらの中で最もスタンダードな方法は、葛藤、不安、適応障害など心の問題と向き合う心理療法的アプローチを用いており、主に精神分析や人間学的心理学などの臨床心理学と即興音楽を融合させたメソッドです。

 

この音楽療法は1970年代にヨーロッパで発展し、それ以降ドイツ語圏では健康保険適用の非薬物治療法として、多くの医療施設や施設などでトレーニングを受けた音楽療法士が専門職として日々仕事に取り組んでいます。(ドイツでは15名ほどの日本人音楽療法士が活躍しています)

 

この音楽療法の対象者は、生まれる前の乳幼児から人生の最後を迎える年配者までと幅広く、各方面で応用されています。自分を打ち明けるのが苦手な人、うつ病、気分障害、自殺未遂、介護問題など精神的ケアが必要とされる現代日本社会ではとくに有意義なメソッドと考えられます。


ドイツ音楽療法センターとは?

 ドイツ音楽療法センター(GMTC)は2010年に東京で発足しました。諸外国でしか学ぶことができない形態学的音楽療法深層心理的音楽療法、探求的音楽療法の啓蒙と普及のためにさまざまな取り組みを行っています。

 

現在の主な活動内容は「音楽療法の実践」と「音楽セラピストの育成」です。将来的には研究分野でも発展が望まれます。

 

近年では精神的ケアを行うセラピスト育成のニーズが高まっており、言語を超えた音楽アプローチを学ぶ「分析的音楽療法講座には日本各地から受講生が集まっています。毎年数名はドイツへ渡り、修了生は講師やセラピストになっています。

 

2019年にはハンブルグ国立音楽大学と連携した「臨床音楽セラピスト養成科」が開設されました。この学科はドイツ語圏のディプロム音楽療法士と同レベルの技能を持つセラピストを日本で輩出することを目的としているため、受講生は海外での研修や病院実習に参加し、新しい分野の実践理論と科学的研究を行うことを目指す専門コース(3,600時間)です。


当センターは「内閣府地域社会雇用創造事業交付金事業」です

ドイツ音楽療法センターは内閣府地域社会雇用創造事業として「第1回みたかソーシャル&コミュニティビジネスプラン・コンペティション2011」において優秀賞を受賞。この年より人材育成の事業が本格的に開始されました。


ドイツの大学および音楽療法団体との協力関係

 

当センターは、ドイツのミュンスター大学音楽療法学科、ハンブルグ国立音楽演劇大学大学院音楽療法学科、ADÖ (Asiatisch-deutsch-österreichische Arbeitsgruppe für Musiktherapie)およびドイツで活動する日本人音楽療法士の協力により、現場視察や実習生受け入れなどの人材交流や定期的な情報交換などを行い、音楽療法におけるドイツと日本の架け橋的存在となっています。

 



ドイツ音楽療法センター  共同代表

内田博美

(ドイツ認定Diplom音楽療法士、Master of Education)

 

 

国立音楽大学ピアノ科卒業、横浜国立大学大学院教育学研究科修了、2000年に渡独。 ミュンスター大学ディプロム音楽療法学科修了、ドイツ認定ディプロム音楽療法士資格取得。その後、同大学院博士課程に在籍中に臨床研究を行うと同時に精神科・障害者施設・保育施設での実践を経て2010年に帰国。現在は東京で深層心理的音楽療法の個人セラピーとグループセッションを行い、セラピスト育成事業に関わる。

日本芸術療法学会、日本ゲシュタルト療法学会、ドイツ音楽療法協会会員
著作『音楽療法の本~もう一人の自分と出会う』(2011年アルク出版企画)

 

E-Mail: uchida@gmtc-jp.com

キカート結佳

(ドイツ認定音楽療法士、ドイツ音楽療法協会認定音楽療法士、心理療法専門ハイルプラクティカー)

 

明治学院大学社会学部社会福祉学科卒業、SRHハイデルベルク大学音楽療法科修了。在学中に障害者のための社会支援施設、発達障害児のためのクリニックセンター、児童思春期精神病院で長期実習を経験。2009年よりハンブルク近郊の成人精神科病院で専属音楽療法士として勤務。2012年よりハンブルクにて音楽療法室こころを開室。2018年3月より上記精神科病院に属するデイクリニックでもグループ療法を担当。その他、ドイツ語圏在住アジア人音楽療法士のためのワークグループの責任者も担う。

 

 音楽療法室こころ

 

鎌田菜美

(ドイツ認定Diplom音楽療法士、音楽トラウマ療法士、声楽家)

 

 

国立音楽大学声楽科を卒業後、渡独。ミュンスター大学音楽療法学科にてディプロマ取得、2003年より精神科病院Wasserburg am InnのInn-Salzach-Klinikum で常勤音楽療法士として勤務。精神科及び心療内科をはじめ、高齢者病棟、依存症病棟、児童思春期精神科、司法精神科、脳神経科での音楽療法セッションを行う。ウクレレデュオcoconami、チェロとのデュオVocellouke でそれぞれヴォーカルを務めこれまで3枚のアルバムを発表、映画出演も行っている。2019年にバイエルン文化賞を受賞。

 

鎌田菜美Facebook