よくある質問 Q&A


1. 養成講座を卒業すると、必ずセラピストにならないといけないのですか?

そんなことはありません。セラピストになるか、ならないか、それはあなたがいつでも自分で決めることです。じっくり時間をかけて考えて、ご自分の適性や興味を追求して下さい。


2. 養成講座の日程の中にどうしても行けない日があるのですが?

養成講座の修了証を得るためには基本的に8割以上の出席日数が必要です。ただし、特別な理由がある場合はレポート提出等で補うことができます。また、参加できなかった授業は来年度への振替受講が可能です。(初級の音楽ワークは除く)


3. ドイツの研修や実習に参加したいのですが、ドイツ語ができないといけませんか?

ドイツで実習を希望する場合、日常会話レベルが最低限必要です。できれば中級クラス以上が望ましいです。

 

グループ研修の場合、通訳が同行するため語学力は必ずしも必要ありません。


4. 健康な人でもセラピーは受けられますか?

もちろんです。健康な人もセラピーを受けることはできます。ドイツでは音楽セラピストになるまでに100~150時間のクライアント体験を義務づけています。

 

当センターでもセラピストを目指す人は、自己分析のためのセラピーを受けています。

 



ご質問やご相談はセンター事務局まで

メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

メール:info@gmtc-jp.com