音楽聴取のアプローチ・受容的音楽療法

 

音楽療法の中で、音楽を聴くメソッドを「受容的音楽療法」と呼びます。

ドイツの音楽療法では楽器を自由に弾くスタイルが主流ですが、音楽聴取のアプローチを行うこともあります。

 

受容的音楽療法のメソッドにはいろいろあります。その一部をご紹介します。

  • GIM (誘導的音楽イメージ法 Guided Imagery and Music )
  • MiMe(GIM臨床型音楽イメージメソッド Musikimaginative Methode)
  • MTE(セラピスティックリラクゼーション Musiktherapeutische Tiefenentspannung nach Decker-Voigt)
  • RMT (調整的音楽療法  Regulative Musiktherapie nach Schwabe)
  • 耳鳴り緩和療法(Tinnituszentrierte Musiktherapie )
  • 聴覚音楽療法(Auditive Musiktherapie)
  • 音楽医学(Musikmedizin) *音楽医学は音楽療法ではないという意見があります

 


入門編「受容的音楽療法online入門講座とミニワーク」

ドイツ音楽心理療法の主流は、クライアントとセラピストが即興演奏をします。

しかしながらときに、音楽を聴く受容的な音楽療法もセッションの中では行われています。

そのいくつかの方法の概要とミニワークを体験してみましょう。ドイツからライブ配信で行います。

Schedule

2022年 10月09日(日)15:30-17:30

参加条件:17歳以上、音楽心理療法に興味のある方ならどなたでも参加できます。

定員:10名(先着順) 

講師:Mei Schiller(ドイツ認定Diplom音楽療法士)

参加料:6,000円(税込)

備考:イヤホンかヘッドホンをご用意の上、できるだけ静かな環境でご参加ください

 



応用編「受容的音楽療法のセルフワークをさらに深める」

前回行った音楽聴取のワークをさらに深め、自己体験と受容的音楽療法への理解を深めます。

ドイツからオンラインでのライブ配信になります。(録画配信ではありません)

Schedule

2022年7月23日(土)16:00-17:30

参加条件:上記の「入門編」に参加した人

定員:5名(先着順) 

講師:Mei Schiller(ドイツ認定Diplom音楽療法士)

参加料:8,000円(税込)

当日必要な物:クレヨンまたは色鉛筆、A3画用紙に円を描いたもの

備考:イヤホンかヘッドホンをご用意の上、できるだけ静かな環境でご参加ください