分析的音楽療法 講座 上級コース


音楽療法における分析的アプローチと精神力動の知識、心理療法を行うための技法を身につける実践的クラスです。 

音楽と言語の両面から介入し分析する手法の習得を目指します。

  • カンセリング技法の習得と相互セラピーの準備
  • 治療的関係性と臨床即興のキーコンセプトを理解する
  • 相互セラピー(全15回 ※条件を満たした希望者のみ)

このコースの修了生にはGMTC認定修了証、相互セラピー修了者にはGMTC公認音楽セラピスト認定証を授与しています。

 

日程

 月1回(全10回)

参加条件

・中級修了生(再受講可)

・自己体験セラピーに10回以上参加した人(個人またはグループセッション)

場所

 ドイツ音楽療法センター (吉祥寺会場)

定員  8名まで
講師  内田博美
申込方法 申込フォームまたはメールinfo@gmtc-jp.com

2021-22年   スケジュール

 日曜      
① 12/05

音楽療法のメソッドとアプローチの研究

 

 臨床即興と技法の習得

相互セラピー

(希望者のみ)

 

② 02/06
③ 03/06
④ 04/03
⑤ 06/05
⑥ 07/03
⑦ 09/04
⑧ 10/02
⑨ 11/06
⑩ 12/04

<相互セラピーについて>

これは「分析的音楽療法」の創始者であるメアリー・プリストリーに基づくセラピストトレーニングの1つです。

このトレーニングは、条件を満たした上級コース受講者(または修了者)が2人組みで音楽セラピーを行うもので、

受講者1名に2名のメンターが付き添い、すべてのセッション(全15回)のスーパービジョンを実施します。

これを始める前に「自己体験セラピー20回以上の参加経験」が必要です。

 

ダウンロード
分析的音楽療法スーパーヴィジョンを通して音楽心理療法士としてのアイデンティティを形成する
分析的音楽療法スーパーヴィジョンを通して音楽心理療法士としてのアイデンテ
PDFファイル 291.4 KB