セラピスト養成講座


「精神分析的音楽療法」を学ぶ

当センターでは、言語と音楽の両面からアプローチする「精神分析的音楽療法士」を養成しています。

この音楽療法は、ドイツにおいて健康保険が適用されるスタンダードなクリニカルメソッドであり、特別な訓練を受けた専門性の高いスペシャリストが行う心のケアです。

 

<3つのクラス>

1. 基礎コース ~精神分析と臨床音楽の基本を知る

2. 中級コース ~音楽療法と心理療法の様々なモデルを学び、自分に合うメソッドを見つける

3. 上級コース ~セラピストとしての技法を確実にするスキルを習得する

 

受講生はドイツでの研修が奨励されます。

すべての課程の修了者には「GMTC認定精神分析的音楽療法士」が授与されます。

 

授業は本場ドイツと同じ少人数によるゼミスタイル。

精神分析を中心とした心理療法的な音楽療法をトータルに学ぶことができるのは日本ではこの講座だけです。

 

<もっと勉強したい人は>

ドイツのカリキュラム(120単位)を習得する「臨床音楽セラピスト養成科」への入学案内はこちらのページです。

 


初級全10回コース

精神分析理論および音楽療法の基礎と自由即興を中心に学びます。初級は基礎クラス(全6回)と演習クラス(全4回)の全10回。

中級全10回コース

心理療法と音楽療法が持つ多様なモデルを知り、精神医学のケーススタディを通して実践に役立つ知識を身につけます。(全10回)

上級全10回コース

習得した技法を実践で確実に生かせているかを再確認し、自律したセラピストとしての自信をさらに高めるために支援します。(全10回)