海外講師による特別講座


2020年1月 症例報告会

「トラウマと音楽療法 ~解離性同一性障害の症例について」

Musiktherapie bei einer Traumapatientin mit dissoziativer Identitätsstörung.


 

 

ドイツのハンブルグで活躍する日本人音楽療法士、キカート結佳さんによる「症例報告会」を開催します。解離性障害、多重人格障害を持つ女性クライアントとの即興演奏を使った音楽療法のセッションについて発表します。

 

<当日の予定>

15:30-17:00   症例発表

17:00-17:30   質疑応答


<講師:  キカート結佳 Yuka Kikat>

 

ドイツ認定音楽療法士、ドイツ音楽療法協会認定音楽療法士、心理療法専門ハイルプラクティカー。

明治学院大学社会学部社会福祉学科卒業、SRHハイデルベルク大学音楽療法科修了。在学中に障害者のための社会支援施設、発達障害児のためのクリニックセンター、児童思春期精神病院で長期実習を経験。2009年よりハンブルク近郊の成人精神科病院で専属音楽療法士として勤務。2012年よりハンブルクにて音楽療法室こころを開室。20183月より上記精神科病院に属するデイクリニックでもグループ療法を担当。その他、ドイツ語圏在住アジア人音楽療法士のためのワークグループの責任者も担う。

 

<症例報告会のご案内>   参加受付中

日時

2020年1月19日(日)15:30-17:30  

人数 約10名(予約制) 
講師 キカート結佳(ドイツ認定音楽療法士)
場所 吉祥寺会場 地図はこちら
受講料

 6,000円 (税込) <残席5名>

申込み

オンラインでお申込み下さい。

 


キカート結佳さんセラピー室の楽器たち