分析的音楽療法

分析的音楽療法とは、精神分析学と即興音楽が融合した音楽療法メソッドのことです。根本原因を探る深層心理的なサイコダイナミックアプローチです。イギリスで生まれた分析的音楽療法は1980年代にドイツで広がり、次第に「深層心理的音楽療法」や「心理療法的音楽療法」へと発展し確立していきました。

現在のイギリス、ドイツ、オーストリアの大学院にある音楽療法マスターコースは、このメソッドが中心に置かれています。

理論を学んだだけでは実践することができず、特別なトレーニングを受けた専門性の高い音楽療法士のみ行うことができます。ヨーロッパでは病院で広く実践されているクリニカルメソッドであり、音楽療法士が心を扱うプロフェッショナルな職業となっています。


はじめての人は

まずは音楽療法の世界に足を踏み入れてみて下さい。

音楽療法のイメージがまったく新しい景色に変わるかもしれません。音楽の新しい可能性に目を向けてみましょう。

勉強してみたい人は

専門的トレーニングがプログラムに入っているので、卒業した時には実践できる音楽療法士になっています。1年間だけ履修することも可能。全課程修了者は資格が取得できます。


分析的音楽療法講座

10年続いた分析的音楽療法セラピスト養成講座は、「臨床音楽セラピスト養成科」と合体しました。そのため初級コースの募集は2021年で終了しました。

どうやって実践できる?

受講生向けの講座です。音楽心理療法を自宅や職場で実践したい人に、あなたのアイデアを大切にしながら先輩セラピストがアドバイスします。起業開業したい人もオススメです。


新しい音楽と出会いたい人は

臨床即興は、ほかの人達と一緒にすればするほどセラピストとしての感受性が高まっていきます。自宅でも音に対する感度を上げることはできます。(受講生向け講座)

 

実践力を高めたい人は

この音楽療法の難しいところは、自分で体感しなければ理解が進まないことにあります。そのために何ができるでしょうか。ひたすら自分の内面と向き合うことにあります。